医療業界に就きたい!狙いやすい資格あれこれ


SNS このエントリーをはてなブックマークに追加

最前線の医師

医療と言えば、やはり、医師になるでしょう。
日本でメスを伴った治療が可能な職種は、医師のみ限られ、これは、歯科医師も該当し、獣医であっても、その文脈の中に入ります。
業務独占、名称独占の代表的な国家資格の一つであり、もちろん、医療の資格をも代表しています。
そんな医師になるには、医学部を設置している大学を卒業し、なおかつ、医師国家資格試験に合格しなければなりません。
太平洋戦争前までは、医師になるにも、専門学校があったようですが、太平洋戦争後に、大学に一元化されたようです。
そのためと言えるのでしょうか?
医師国家資格試験は、超難関という部類に入らず、言ってしまえば、卒業試験のようなもののようです。
これを解すれば、医師国家資格試験そのものよりも、医学部のある大学で学ぶことが重要であり、なおかつ、そういう大学に入学することが、非常に厳しいようです。
医学部に入学するために、2年や3年の浪人が当たり前のようになっているのは、このためでもあるのでしょう。
いずれにせよ、医師になるためには、医学部で学び、なおかつ、医師国家資格試験に合格する必要があります。
そんな医師として、就業する道としては、病院やクリニックに勤めることが、王道のようです。
また、個人病院を開き、独立開業も可能となっています。
さらには、一般企業に就業したり、あるいは、公務員となる人もいるようです。
医療の資格の代表的なものですが、それだからこそ、活用しがいのある国家資格でもあるのかもしれません。
記事を検索
Copyright (C)2017医療業界に就きたい!狙いやすい資格あれこれ.All rights reserved.