医療業界に就きたい!狙いやすい資格あれこれ


SNS このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師も国家資格

医療を代表する職種が医師であるなら、医師をサポートする看護師もまた、医療を代表している職種と言えるでしょう。
もちろん、医療の資格としても、広く知られ、数多くの人が、看護師として、活躍しています。
以前は、女性の仕事と考えられていましたが、今では性差に関係なく、就業できます。
男性看護師も、徐々に増えてきているようで、おそらく理想は、半々の人数になることでしょう。
そんな看護師になるには、もっともストレートな方法が、看護学を教授する大学へ進み、看護師国家資格試験に合格することです。
医師と同様、大学で必要な知識や技術を学ぶようになります。
あるいは、准看護師になれば、看護師国家資格試験を受験できる資格を得ることになります。
准看護師になるには、中卒でもあるいは高卒でも可能であり、どちらも、専門学校などを卒業し、准看護師資格試験に合格する必要があります。
もっとも、高等学校で看護学などを設置しているのであれば、准看護師資格試験に合格することで、資格を得ることになります。
准看護師は、看護師のサポート役であり、看護師の指揮命令の元に働くようになります。
なお、准看護師資格試験は、都道府県が認定しているものです。
看護師との大きな相違点は、そういうところにあるようです。
ちなみに、看護師であるからと言って、現場に立つ必要性はなく、大学に残って研究を続ける人もいます。
あるいは、より専門性の高いものを目指す人も、多々いるようです。
記事を検索
Copyright (C)2017医療業界に就きたい!狙いやすい資格あれこれ.All rights reserved.